塚原研究室@東京理科大学 平成25年に開設した研究室です.主に乱流(turbulence)と熱流体輸送(thermofluid transport)の現象解明・予測・制御を目指して研究活動を行っています.
英文学術雑誌JFMに論文掲載 環状流路流れの乱流遷移において乱流パフ・乱流螺旋・螺旋パフの3形態を発見し,流体力学分野の一流雑誌J. Fluid Mech(IF: 2.38)のRapidで発表.各種管内流における遷移過程の統一的理解に貢献.仏LIMSIとの共同研究で,主にD3石田君による成果. [Online Journal]
英文学術雑誌FTaCに論文採択 強い拡散を伴う乱流中で,下流の濃度センサー情報に基づいた随伴解析による拡散源推定の実現可能性について調べた研究成果を,Flow, Turbulence & Combustion(IF: 1.52)で発表.東京大学生産技術研究所・長谷川研究室との共同研究による成果. [Online Journal]
学部生(卒研配属前)の方へ 研究室への訪問や相談は随時お越し下さい.時間の許す限り,応対します.熱流体力学研究室(学生部屋,2号館2階)に来れば,先輩方が優しく丁寧に研究室の紹介や進路相談の相手をしてくれます. 所属メンバーはこちら
ABOUT
屋号
熱流体力学研究室
設立
2013年4月1日
構成
教員(講師) x1,秘書 x1
博士D3 x1,
修士M2 x2,M1 x4,卒研生B4 x10
所在地
〒278-8510 千葉県野田市山崎2641
東京理科大学 2号館1階
教員居室
東京理科大学 2号館2階
研究分野
流体工学,伝熱工学,CFD,
乱流,遷移,混相流,複雑流体