日本学術会議トキシコロジー分科会主催シンポジウム

PM2.5とナノ粒子
―微小粒子の健康影響とその対策を考える―


戦略的環境次世代健康科学研究基盤センター(東京理科大学 総合研究機構)が中心になり、
下記のシンポジウムを企画しています。皆様のご参加を歓迎します。

■日時:2014年9月6日(土)13:15〜17:00
■会場:日本学術会議講堂(地下鉄 千代田線「乃木坂」5番出口1分)
■主催:日本学術会議トキシコロジー分科会
■共催・協賛:日本薬学会、日本化学会、日本毒性学会、
       東京理科大学総合研究機構戦略的環境次世代健康科学研究基盤センター、他
■オーガナイザー:姫野誠一郎(分科会幹事)、武田 健(分科会幹事)
■参加費: 無料
本シンポジウムは終了致しました。
多数の方々にご参加頂き、誠にありがとうございました。

本シンポジウムのポスターは⇒こちら
■プログラム

13:15〜
<挨拶> 橋田 充 日本学術会議トキシコロジー分科会担当(薬学委員会委員長)
     山添 康 トキシコロジー分科会委員長

13:25〜14:40
<講演1> 座長 吉岡敏治(大阪府立急性期総合医療センター)
         姫野誠一郎(徳島文理大学)

「大気微小粒子の健康科学―PM2.5の健康影響および対策は」
     内山 巌雄(京都大学)
「ディーゼル排ガス微粒子及びナノ材料の次世代への健康影響」
     武田 健(東京理科大学)
「吸入全身暴露を基軸としたナノ材料の毒性評価体系の構築とMWCNTからの知見」
     菅野 純(国立医薬品食品衛生研究所)

  休憩  20分間

15:00〜16:15  
<講演2> 座長 赤堀文昭(麻布大学)
         武田 健(東京理科大学)

「労働衛生の立場から―ナノ材料を扱う職場での管理」
     森本 泰夫(産業医科大学)
「経済産業省におけるナノ材料安全対策について」
     藤沢 久(経済産業省製造産業局化学物質管理課)
「微小粒子・ナノ材料の健康リスクにどのように向き合うべきか」
     岸本 充生(東京大学公共政策大学院)

16:15〜16:55
パネルディスカッション
コーディネーター 上田昌文(市民科学研究室)
         梅澤雅和(東京理科大学)
パネリスト : 内山巌雄、武田健、菅野純、森本泰夫、藤沢久、岸本充生

16:55〜
<閉会挨拶> 姫野誠一郎(分科会幹事)

■事務局: 日本学術会議事務局 http://www.scj.go.jp/
〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34
■問合せ先:東京理科大学総合研究機構戦略的環境次世代健康科学研究基盤センター
      梅澤雅和
<E-mail> jisedaiken@rs.tus.ac.jp
<URL>  http://www.rs.tus.ac.jp/env-health/index.html