Studies1999
東京理科大学理工学部電気電子情報工学科 伊東研究室

平成11年度研究発表


論文, 国際会議

  • Ichiro Matsuda, Susumu Itoh:
    "Region-Oriented Transform Image Coding Based on Voronoi Diagrams and Schmidt's Orthogonalization",
    Proceedings of 1999 IEEE International Conference on Image Processing (ICIP'99), Vol.II, pp.825-829, (Oct. 1999).
  • 糸永 航,松田一朗,米山範隆,伊東 晋:
    "地図画像からの道路ネットワークの自動抽出",
    電子情報通信学会論文誌, Vol.J82-D-II, No.11, pp.1990-1999, (Nov. 1999).

研究会

  • 永江哲朗,松田一朗,伊東 晋:
    "Matching Pursuits を用いた静止画像の領域分割符号化",
    電子情報通信学会技術研究報告, Vol.99, No.180, pp.73-80, (July 1999).
  • 森 弘史,松田一朗,伊東 晋:
    "可逆符号化のためのレートを最小とする予測器の設計法",
    電子情報通信学会技術研究報告, Vol.99, No.444, pp.17-22, (Nov. 1999).
  • 米山範隆,松田一朗,伊東 晋:
    "既存道路ネットワークと縮尺の異なる地図画像の対応付け",
    電子情報通信学会技術研究報告, Vol.99, No.445, pp.9-16, (Nov. 1999).
  • 関田義和,松田一朗,伊東 晋:
    "アクティブバルーンモデルによる特徴点群からの表面形状の再生",
    電子情報通信学会技術研究報告, Vol.99, No.445, pp.17-24, (Nov. 1999).
  • 森 弘史,松田一朗,伊東 晋:
    "レートを最小とする予測器を用いた可逆符号化方式の性能評価",
    電子情報通信学会技術研究報告, Vol.99, No.680, pp.63-68, (Mar. 2000).
  • 谷田部祐介,松田一朗,伊東 晋:
    "可変サイズブロックWarping予測による任意形状VOPの動き補償",
    電子情報通信学会技術研究報告, Vol.99, No.680, pp.69-74, (Mar. 2000).

全国大会など

  • 森 弘史,松田一朗,伊東 晋:
    "適応予測を用いたボリュームデータの可逆符号化",
    映像情報メディア学会年次大会講演予稿集, No.25-1, p.339-340, (Aug. 1998).
  • 永江哲朗,松田一朗,伊東 晋:
    "Matching Pursuitsによる領域分割符号化  - 斜め方向のテクスチャに適した基底関数の導入 -",
    映像情報メディア学会年次大会講演予稿集, No.25-3, p.343-344, (Aug. 1998).
  • 簾田恭雄,松田一朗,伊東 晋:
    "ブロック単位でのフレーム並び替えを用いた3D-DCT符号化",
    映像情報メディア学会年次大会講演予稿集, No.25-6, p.349-350, (Aug. 1998).
  • 大塚裕之,松田一朗,伊東 晋,今泉浩幸:
    "可変サイズブロックに基づいたオーバラップMC/DC適応選択方式",
    映像情報メディア学会年次大会講演予稿集, No.25-7, p.351-352, (Aug. 1998).
  • 谷田部祐介,松田一朗,伊東 晋:
    "コスト関数を用いた任意形状VOP符号化に関する一検討",
    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, No.D-11-19, (Sep. 1998).
  • 米山範隆,松田一朗,伊東 晋:
    "縮尺の異なる地図画像への道路ネットワークの当てはめ  - 誤対応ノードの位置修正について -",
    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, No.D-12-3, (Sep. 1998).
  • 永江哲朗,松田一朗,伊東 晋:
    "Matching Pursuitsを用いた静止画像の領域分割符号化  - 基底の選択に関する一検討 -",
    第14回画像符号化シンポジウム(PCSJ'99)予稿集, No.P-2-02, pp.35-36, (Sep. 1998).
  • 森 弘史,松田一朗,伊東 晋:
    "レートを最小とする予測関数の設計とその可逆符号化への応用",
    第14回画像符号化シンポジウム(PCSJ'99)予稿集, No.P-3-01, pp.39-40, (Sep. 1998).
  • 林 直人,松田一朗,伊東 晋:
    "可変形状ブロックに基づいたオーバラップ動き補償に関する一検討",
    第14回画像符号化シンポジウム(PCSJ'99)予稿集, No.P-5-02, pp.79-80, (Sep. 1998).
  • 関田義和,松田一朗,伊東 晋:
    "アクティブバルーンモデルによる表面形状の再生  - 階層的手法による再生精度の改善 -",
    第4回映像メディア処理シンポジウム(IMPS'99)予稿集, No.I-2-09,pp.29-30, (Sep. 1998).
  • 谷田部祐介,松田一朗,伊東 晋:
    "Warping予測を用いた任意形状VOPの動き補償に関する一検討",
    1999年映像情報メディア学会冬季大会講演予稿集, No.7-2, p.88, (Dec. 1998).
  • 森 弘史,松田一朗,伊東 晋:
    "可逆符号化のためのレートを最小とする予測器に関する一検討",
    1999年映像情報メディア学会冬季大会講演予稿集, No.7-4, p.90, (Dec. 1998).
  • 杉本志行,永江哲朗,松田一朗,伊東 晋:
    "ピラミッド型Matching Pursuitsを用いた静止画像符号化",
    電子情報通信学会総合大会講演論文集, No.D-11-23, (Mar. 2000).
  • 森 弘史,松田一朗,伊東 晋:
    "レートを最小とする予測器の  予測次数と可逆符号化の効率に関する一検討",
    電子情報通信学会総合大会講演論文集, No.D-11-38, (Mar. 2000).
  • 谷田部祐介,松田一朗,伊東 晋:
    "可変サイズブロックWarping予測による任意形状VOPの動き補償",
    電子情報通信学会総合大会講演論文集, No.D-11-44, (Mar. 2000).
  • 松田一朗,伊東 晋:
    "MP符号化用のEmbedded型動き補償に関する基礎検討",
    電子情報通信学会総合大会講演論文集, No.D-11-45, (Mar. 2000).
  • 米山範隆,松田一朗,伊東 晋:
    "道路ネットワーク作成のための補間ノードの最適配置法",
    電子情報通信学会総合大会講演論文集, No.D-12-47, (Mar. 2000).
  • 吉沢博一,松田一朗,伊東 晋:
    "オプティカルフローと3次元道路モデルを用いた車載カメラからの車両検出",
    電子情報通信学会総合大会講演論文集, No.D-12-144, (Mar. 2000).