【科目分類】専門基礎科目  【開講年次】1年次
【開講学科】全学科 【開講コース】昼間コース
【授業科目名】数学演習第二 
【開講学期】2学期【単位数】1単位
【担当教官名】木田雅成(C2),内藤敏機(T),石田晴久(J1,J2),
○伊藤賢一(E1,E2),○関根正幸(F1,F2),
○羽賀淳一(M1,M2),○本橋友江(C1,H)(○印は非常勤)
【居   室】東1−413(木田),東1−503(内藤),西4−605(石田)
【電子メールアドレス】木田:kida@e-one.uec.ac.jp,
内藤:naito@e-one.uec.ac.jp,
石田:ishida@im.uec.ac.jp
【授業関連Webページ】  

  1. 教科書等
    教科書:三宅 敏恒 著『入門 微分積分』(培風館)
        三宅 敏恒 著『入門 線形代数』(培風館)
        田吉 隆夫 ほか 著『微分積分・線形代数 数学演習』(昭晃堂)
    

  2. 履修しておくべき科目
    微分積分学第一,線形代数学第一
    

  3. 主題及び目標
    数学の学習においては,講義を聞くのみでなく,演習問題を実際に解いてみるこ
    とが有効である.この認識に立ち,微分積分学および線形代数学について,問題
    解決を主体にした演習を行う.学生は用意された問題を解き,そのあとで担当教
    官から問題についての解説を受ける.問題を解く際には,TA(=ティーチング
    アシスタント)や担当教官が各学生の質問に応じる.
    

  4. 授業内容とその進め方
    ◆多変数の微分積分《微分積分学第二》
     ・広義積分,面積,曲線の長さ(復習)
     ・偏微分,合成関数の微分
     ・テーラーの定理,極値問題
     ・陰関数,条件付き極値問題
     ・重積分の定義,累次積分
     ・変数変換
    ◆線形空間と線形写像《線形代数学第二》
     ・行列式(復習)
     ・平面と空間のベクトル
     ・部分空間,1次独立性
     ・基底と次元
     ・線形写像,核と像
     ・基底の変換,表現行列
     ・内積空間
    

  5. 成績評価方法
    全クラス統一の試験を2〜3回行う.出席点も重視する.
    

  6. 学生へのメッセージ
    微分積分学や線形代数学の講義では,演習に割くことのできる時間は限られてお
    り,講義内容を理解する上からも,問題演習は非常に重要である.担当教官や,
    大学院生のTAに自由に質問できるこの講義時間を十分に活用してほしい.なお,
    人間コミュニケーション学科では必修科目となっていないが,必修科目と同等の
    科目と考えていただきたい.
    

  7. キーワード
    微分積分学第二,線形代数学第二を参照
    

お問い合わせについて
Copyright (C) 2002 The University of Electro-Communications. All Rights Reserved.