ガーダマー簡易年譜




1900
2月11日マールブルクに生まれる。父 Johannes は薬物学者。
1902
父がブレスラウの薬物研究所の所長となる。
1909
18年まで、ブレスラウのギュムナジウム Schule zum Heiligen Geistに通う。
1918
ギュムナジウムを卒業し、ブレスラウ大学に入学。ヒェーニッヒスヴァルトなどの講義を聴く。
1919
父がマールブルクにE・シュミットの後任として呼び戻されるに伴い、マールブルク大学に移る。
1921
夏学期、ミュンヘン大学のM・ガイガーの演習に出席。このころ、ハルトマンの影響大。
1922
ナートルプとハルトマンの許でプラトンに関する博士論文で学位を得る。このころ、結婚。
1923
夏学期、フライブルク大学のフッサールとハイデガーの講義に出る。夏休みにハイデガーの山小屋で過ごす。秋、ハイデガーがマールブルク大学に赴任。
1924
教授資格獲得を試みるが失敗し、古典文献学の学習をフリートレンダーの許で開始する。
1927
高等教育者のための国家試験を受けて通る。
1929
ハイデガーの許で教授資格を得、マールブルクの私講師となる。
1931
教授資格論文『プラトンの弁証法的倫理学』を出版。
1933
パリ旅行。W・シュルツ、ガーダマーとレーヴィットの許で、大学での勉学を開始。
1934
35年まで2学期間、キール大学でR・クローナーの代講。
1937
マールブルク員外教授となる。
1938
(39年?) ライプツッヒ大学へ招聘され、正教授・哲学科科長となる。W・シュルツやK・H・フォルクマン=シルュックが、ガーダマーを追ってライプツッヒ大学に移る。
1941
パリに講演旅行。
1944
ポルトガルに講演旅行。
1945
ライプツッヒ大学哲学部長となる。
1946
ライプツッヒ大学長(47年まで)。
1947
フランクフルト大学に教授職を見つけ、転任。
1949
アルゼンチンへ講演旅行。ヤスパースの後任として、ハイデルベルク大学に招聘される。このころ、ハイデガーの影響大。
1950
(51年?) このころ、それまでの研究や講義を一緒にまとめて、解釈学理論を構築しようと決意。ハイデガー六〇歳記念論文集を編集・刊行。また、このころに、再婚。
1951
77年まで、ハイデルベルク学士院クザーヌス委員会の委員長。
1953
H・クーンとともに、『哲学展望』誌を創刊。レーヴィットをアメリカから呼び戻す。
1960
主著『真理と方法』を公刊。
1962
ドイツ哲学会会長になる。
1964
(62年?)国際ヘーゲル研究促進協会を設立、その会長となる(会長は70年まで)。
1966
ドイツ哲学会会長として、ハイデルベルクでの言語に関する学会を組織。
1967
J・ハバーマスとの論争開始(71年まで)。『小論集』刊行開始(77年まで)。
1968
退官。ガーダマーはその後もボランティアで、講義・ゼミを続ける。3月、アメリカ合衆国に講演旅行
1969
72年まで。ハイデルベルク学士院の院長。 4月にアメリカ合衆国へ講演旅行。
1971
プロイセン勲功賞受賞。ロイヒリン賞受賞。
1977
11月、合衆国へ旅行。
1979
フロイト賞とヘーゲル賞を受賞。
1981
パリでデリダと論争。
1985
『著作集』刊行開始(95年まで)
1986
ヤスパース賞受賞。
1987
シュライアー賞受賞。
1993
連邦功労大十字賞受賞
1995
ハイデルベルク大学旧講堂で、誕生日が盛大に祝われる。
1996
ライプツッヒ大学の名誉学位を受ける。
2000
百歳誕生日大祝賀式典
2002
3月13日、ハイデルベルクにて心臓発作のあと死去。

ガーダマー・ホームページ

巻田ホーム・ページ


Last modified 8.31.1996 Maintainded by Etsuro Makita (c) Etsuro Makita E-Mail: makita@ms.kuki.tus.ac.jp