ホーム > 経営学部 > ビジネスを科学で導く時代

ビジネスを
科学で導く時代

大企業の人事担当者90%以上が
「経営に科学は必要」と、回答。

大企業の人事担当者
100名に聞きました。

Q.1ビジネスパーソンにとって、
今後、必要な能力とは?

グラフ1 グラフ1

ビジネスはスピードが命。膨大な情報の中から必要な要素を判別し、的確な判断をどれだけ速く行えるかが成功の鍵を握っています。50代・男性 サービス業

既存の概念を覆す能力が必要です。そのためにも現状を正確に把握して、時代のニーズを読み取り、差別化につなげる分析力がベースとなります。40代・女性 情報通信業

緑色のグラフで示された「ビッグデータの分析力」「データを活用した論理的思考力」「イノベーティブな構想力」、これらは共に科学的な裏づけに基づいた上で発揮される能力です。今の時代のビジネスパーソンにとって必要ということは、同時に、これからの新社会人にも求められるわけですが...。

そこで、Q.1で高い数値を示した3つの項目について詳しく聞きました。

Q.2新社会人における
“科学に基づいた経営能力”の
重要度は?

グラフ2 グラフ2

3つの項目すべてで、人事担当者の約90%が今後はさらに「重要度が増す」傾向にあると捉えています。「ビッグデータの分析力」に代表される“科学に基づいた経営能力”はまだまだ新しい分野であるため、これから入社してくる若い人への期待が高まっているようです。

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社 代表取締役社長 桐谷 重毅 氏

ビッグデータを無駄にするか、
価値にするかは、
論理的思考力にかかっている。

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社
代表取締役社長

桐谷 重毅 氏

みずほ証券株式会社 人事部 キャリア戦略室長 井上 敦嗣 氏

複雑化・多様化するニーズ。
グループ戦略を支える力。

みずほ証券株式会社 人事部 
キャリア戦略室長

井上 敦嗣 氏

大成建設株式会社 管理本部 人事部 人事室 人事室長 糸井 光弘 氏

今後、ビジネスを成功に導くのは、
科学的に分析して構想する力。

大成建設株式会社 
管理本部 人事部 人事室 人事室長

糸井 光弘 氏

ホームへ戻る