カリキュラム

HOME > カリキュラム > 英語教育

英語教育

グローバル社会に対応した充実した英語教育

経営学部ではグローバル社会で活躍できる人材育成を目指した英語教育に力をいれています。

豊富な教育プログラム

●国際コミュニケーション重視のプログラムが充実しています。

経営学部では基本的英語力の習得をベースに、ネイティブ講師による正確な発音やイントネーションのトレーニングをおこない身近な話題からしっかりとした会話力を身につけます。また国際情勢やビジネス関連のニュースを用いてリスニング力を高め、英字新聞や文献を用いてリーディングの力を鍛えてコミュニケーション力を下支えします。さらには国際ビジネス環境では欠かせない国際ビジネスコミュニケーション、ディベート、プレゼンテーション、パブリックスピーキング、ビジネスライティング他、高水準のコミュニケーションスキルを磨くなど、グローバル社会で活躍する人材育成を目指した豊富な教育プログラムが用意されています。

習熟度別クラス・TOEIC

●TOEICへの取り組みを支援するしっかりした体制が整っています。

経営学部では、年に2回、3年生までに計6回、TOEICIPテスト受験を義務付けており、スコアは習熟度別クラス編成や、英語科目の成績の一部に反映させます。また習熟度別クラス編成(7クラス)は、TOEICのスコアをもとに半期ごとに行われ、ネイティブ教員が主に上級クラスを担当します。TOEIC対策クラスや成績優秀賞や成績UP賞などの表彰制度を設け、TOECIへの取り組みを支援するしっかりした体制が整っています。

経営学部奨励賞受賞
2年 小湊 昂平 くん
《英語を実際に“使う”機会が増え、TOEICのスコアもアップ》
以前からTOEICには興味がありました。経営学部では年に2回ずつ、TOEIC-IPテストを無料で受験することができ、また、それをサポートする体制もしっかりと整っています。 例えば、1・2年次の必修英語では、習熟度別に少人数クラスで授業を受けることができ、また、授業も基本的に全て英語で進行するため、英語を実際にコミュニケーションの中で“使う”良い機会となります。毎日、英語を読んだり聞いたりといった自宅学習と組み合わせることで、TOEICにおいてスコアが順調に伸び、このような賞をいただくことができました。

「毎日の英会話」その他

●日常的に英語に触れられる環境が整っています。

久喜キャンパスでは、学生生活を送るなかで、日常的に英語に触れられる環境が整っています。e-ラーニングプログラムが導入されていますので、いつでも英語の自習ができるようになっています。留学や協定校に関する各種資料をそろえ、ネイティブ教員を囲んで様々なテーマについて話し合える場となっています。

 
 

毎日の英会話

留学

●質の高い留学制度が整っています。

本学の短期と長期の留学プログラムは人気があり、毎年定員を超える希望者があります。

3年 飯田 寛太 くん
《ドイツ人学生と一緒に取り組んだプレゼンテーション》
約半年間、ドイツのレーゲンスブルク応用科学大学ビジネススタディ学部での留学プログラムに参加しました。ヨーロッパ圏以外もアジア圏やアメリカなどいろいろな国の学生が集まるクラスで学び、コミュニケーションは基本的に英語でした。聞き取れなくても、とにかくコミュニケーションを取りたいという思いがあったので、積極性も英語力も身につきました。一番印象に残っているのは、国際戦略の科目での企業研究で、ドイツ人の学生と一緒にプレゼンテーションに向けて取り組んだこと。お互い母国語ではない英語でのコミュニケーション なので、意思疎通も難しく、資料を読み解き、まとめていくのも大変な作業でしたが、丸1ヵ月かけて一緒に準備し発表したことは本当に良い思い出で、貴重な経験でした。

経営学部独自の留学プログラムとしては、SAF留学ブログラムと東バイエルン工科大学レーゲンスブルク(旧レーゲンスブルク応用科学大学)交換留学があります。

SAF留学プログラムは、本学部がインディアナポリスに本拠を置く非営利団体のThe Study Abroad Foundation (SAF)と共同で開発し、2012年度より運用を開始したプログラムです。留学先はアメリカ、イギリス、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランドの16大学で、留学期間は半年または1年間、留学先の学部の授業を履修することに加えて、英語力強化プログラムに参加したり、現地の企業にインターンシップしたりする選択肢もあります。留学先で取得した単位は本学部の取得単位として読み換えられますので、認定単位数によっては、留学しながら4年間で本学部を卒業することも可能です。出願にはTOEFL iBTやGPAの一定レベル以上のスコアなどが必要です。アメリカについてはTOEFL ITPで出願できる大学もあります。

東バイエルン工科大学レーゲンスブルク(OTH Regensburg = Ostbayerische Technische Hochschule Regensburg)は、ドイツ南部のレーゲンスブルクにある工科大学で、本学部は2011年に、その経営学部と交換留学の協定を結びました。留学期間は半年または1年で、本学部から留学した学生は、工科大学の、経営学・ビジネス関係の、英語による講義を中心に受講し、取得した単位は本学部の科目に読み換えられます。毎年、条件を満たした応募者のなかから選考して、毎年2~4名までの学生を工科大学に送ります。授業料は不要で、本学の国際化推進センターから旅費や宿泊費の補助が出ます。

その他の留学プログラムなど詳細については、大学の留学制度をご覧ください。

このサイトのトップに戻る