カリキュラム

HOME > カリキュラム > ゼミナール > 大驛研究室

ゼミナール/卒論紹介

大驛研究室

戦略論

市場環境との適合性を軸に、企業の経営原理を研究しています。具体的には、需要調整・社会対応・競争対応の科学として、「戦略」という視点から研究を行なっています。市場を巡る競合他社との競争では「競争優位性」が鍵となります。競争優位の源泉は、顧客、環境分析能力、内部資源等、多様多岐に亘ります。その競争優位を創出するためにいかなる戦略が有効なのかを分析しています。

ゼミナール

ゼミとは何か:通常講義と異なり、少人数の授業形式で、学生が自ら調べ、考え、発言することを重視し、自己が培ってきた知識や理論を発揮する場がゼミです。そこでは、“主体的”であることが最も枢要です。もちろんゼミにおける専門的な知識や技術の修得ばかりでなく、積極的なコミュニケーション、リクレーションや学祭模擬店運営等で育まれる人間関係は、別の意味で代え難いものです。ゼミを通じ、永きにわたり、理解し合える人間関係を形成することも少なくありません。

ゼミの内容:ゼミのテーマは戦略論とその応用分野です。ゼミの方法・進め方は、各人あるいはグループによる研究発表とそれに基づく討論、内外の文献講読と解釈、統計手法の活用等です。外部に向け研究成果を公表することを目的に、他大学との共同ゼミや全国ゼミ大会(毎日新聞社主催)への参加を行っています。そこは、学問に臨む姿勢と研究に対する意欲が問われる場といえます。

概要

個人または小グループに分かれ各々のテーマについて個々に指導を行います。(1)研究対象は戦略論とその応用分野です。(2)研究方法は、文献サーベイ、フィールドリサーチ、統計分析等、多様なアプローチで、調査・研究を進めていきます。テーマ例は、以下です。

卒業論文テーマ例

■ 共分散構造分析による仮説モデルの検証:流通経営における新たな組織間関係の一考察
■ 共分散構造分析による組織間ネットワーク分析:小売経営における新しい経営戦略
■ 重回帰分析によるビジネスモデル比較研究:Jリーグビジネスの新たな価値創造に向けて
■ 流通組織の連携に関する理論研究:製品開発モデルの展開
■ 因子分析による組織行動の定量分析:組織連携のイノベーション実態調査
■ 教育産業に関わる企業戦略と市場構造の多変量解析
■ インターネット産業における企業の参入に関する計量分析/dt>
■ 寡占業界における製品開発戦略の定量研究
■ ネットワーク研究による起業と非営利組織構築の実証分析
■ 教育産業における多角化に関する実証分析
■ 情報財の複製と賦課金制度のモデル分析
■ 企業グループにおける役員構成とそのパフォーマンスについての計量分析
■ 小売価格競争への流通系列化の効果に関する実証研究
■ 流通系列化と広告効果に関する定量分析/dt>

このサイトのトップに戻る