東京理科大学 理工学部 情報科学科 桂田研究室

顔画像処理グループ

顔画像合成モデルの精度向上

AAM (Active Appearance Models)は顔画像合成モデルであり,顔画像からの特徴点抽出や表情認識,その他様々な分野で用いられています.本研究では顔画像合成モデルにDNN (Deep Neural Network)の技術を導入することで,従来法と比べて高精度な顔画像合成のモデルを実現しています.

読唇システムの開発

唇の動きから発話内容を解析する読唇システムの開発を進めています.AAMを利用することで読唇システムの高精度化を目指しています.

顔真似システムの開発

顔画像合成モデルであるAAMを利用することで,ある人物の表情を別の人物の顔画像上に転写するシステムを開発しています.

PAGE TOP