東京理科大学理工学部物理学科




石塚研究室

スタッフ紹介

氏名 専門分野 研究分野 e-mail(@rs.tus.ac.jp)
准教授 石塚正基 素粒子物理学(実験) 高エネルギー物理,ニュートリノ ishitsuka

研究紹介

素粒子物理学は、宇宙に存在する基本粒子と粒子間に作用する力の法則の解明を目的とします。特に幽霊粒子とも呼ばれるニュートリノには 未だ解明されていない部分も多く、興味深い研究対象です。本研究室では、ニュートリノの質量と世代間混合、大統一理論の予言する陽子崩壊などの研究を進め、宇宙と素粒子の謎に迫ります。


図1: 岐阜県にあるスーパーカミオカンデ検出器の内部。5万トンの水タンクの内側に1万本以上の光電子増倍管が設置され、ニュートリノを観測している。

図2: スーパーカミオカンデで観測されたミューオンニュートリノの生存確率。観測されたニュートリノ事象数は予測よりも少なく、その割合は変動していることが確認された。この確率変動はニュートリノの質量に起因する量子力学的効果(ニュートリノ振動)で説明される。


図3: 次世代ニュートリノ検出器として提案されているハイパーカミオカンデ計画。CP対称性の破れを含むニュートリノ振動の全容解明・陽子崩壊の発見・超新星ニュートリノ観測などの研究テーマが期待される。




オリジナルホームぺージ http://www.rs.tus.ac.jp/ishitsuka/
研究キーワード 素粒子物理学,ニュートリノ
研究テーマ例 (1) ニュートリノの質量と世代間混合の測定
(2) 陽子崩壊探索による大統一理論の検証
(3) 超新星ニュートリノ観測