東京理科大学 理工学部応用生物科学科 松永研究室

〒278-8510
野田市山崎2641
東京理科大学理工学部
応用生物科学科
松永研究室
04-7124-1501
内線(3442)
sachi (at) rs.tus.ac.jp
  • 東京理科大学
  • 応用生物科学科

PIメッセージ

Cell Reports誌より研究論文を出版

幸運なことに、Cell Press社より初めてのオープンアクセスジャーナルとして創刊されたCell Reports 3月号に、研究論文が掲載された。実験ノートを紐解くと、RBMXが染色体動態に関係することがわかってから、実に7年半の歳月が経過していた。

ここまで粘ることを承諾し、惜しみない協力をしてくださった共著者各位、そして改訂のたびに、貴重な抗体を分譲してくださった先生方、テクニカルアドバイスや論文原稿に意見を頂いた研究者の皆様には、感謝の気持ちでいっぱいである。初めに論文原稿を投稿してから4年の歳月が流れた。その間、一日もRBMXのことを考えなかった日はない。

初めの投稿論文原稿の2/3が入れ替わった。再現性の確認、データの質の向上、複数の可能性の可否、論理構成など、複数のジャーナルの審査員による厳しい査読を経て、「染色体研究の進展に、少しは貢献できるのではないか?」と自分でも思うことができる論文として出版できたことを嬉しく思う。「厳しい査読が、論文を改善し、説得力を強める」ことを改めて痛感した。

感謝の気持ちを大切に、また明日から新たな挑戦を続けていきたい。この論文は単なる一つの出発点なのだから。論文出版に、ご協力頂いた関係各位に深く感謝致します。

2012年3月22日 松永PI記













pagetop