Welcome to TK's Homepage
Since May 1997
  | TOP  | 講義関連  | Link for Science  | Link for Hobby  | Link for Suzaku  | 研究室の紹介  | Profile | ASTRO-H衛星関連 | 

 

 Current Work 
                     
研究室のホームページ
自己紹介
CLASS
uni-career
LETUS
就職関係
理工学部物理学科のHP
東京理科大学のHP
阪大時代のHP



すざく衛星


「すざく」衛星は日本で5番目のX線天文衛星で、日本とアメリカの共同開発によ るもので2005年7月10日に宇宙航空研究開発本部の内之浦宇宙センターか ら打ち上げられました。2015年7月に無事運用を終えました。



ASTRO-H衛星


「ASTRO-H」衛星は2016年打ち上げを目指して,現在開発を進めている日 本で6番目のX線天文衛星です。日本のX線天文学グループと,欧米の大学・ 研究機関が協力して開発を進めている新世代の科学衛星です.4種類のX 線検出器を搭載し,東京理科大学では軟X線撮像検出器(SXI)の開発を行っ ています.

こちらは幸村孝由のHPです
東京理科大学で物理学(力学、熱力学、物理学実験)を教えています。

研究は、X線天文衛星で観測したX線連星(中性子星やブラック ホール候補天体が普通の星と連星をなしている)について研究を行なっ ています。最近は、X線連星以外に、活動銀河核、超新星残骸、銀河系内 の高温ガスなどについても興味を持っています。

2005年に打ち上げ・轤黷ス日本のX線天文衛星「すざく」のプロジェ クトメンバーの一員として、主・EノX線CCDカメラ(XISと呼んでいます)の 開発に従事しており、 地上や軌道上の校正や、観測データの解析、デー タ解析用のソフトウェアーなどの開発を行なっています。また,2014年 に打ち上げを予定している、ASTRO-H衛星搭載のX線CCD(SXIと呼んでいま す)の開発にも従事しています.さらに,NGHXT衛星,国際宇宙ステーションに搭載する全天X線監視装置WF-MAXI, 小型衛星ORBIS,NASAのPRAXyS衛星のプロジェクトにも協力をしています.


 

最終更新日 15/11/07
Contact
Schedule
高宇連(Heapa)
東京理科大学の学生さんへ