カリキュラム

科学技術の原理と応用を体系的に学べるようにカリキュラムを組み、実力向上を図るために演習・実験・実習の時間を豊富に設けています。学生各自がノートパソコンを利用しながら学習する授業も多くあります。
具体的には、まず情報と数理という工学の基礎をコンピュータによる実習を通じて学びます。次に、品質管理・原価管理・生産管理といった企業経営の基幹技術を学びながら、環境社会問題との融和を図るシステム工学や高度情報化へ対応するソフトウェア工学などの発展的テーマも学びます。さらに、学習したテーマについてレポート作成・論文作成・プレゼンテーションを行う実習や演習を行うことで、実践に向けた表現力・説明力・構成力を習得していきます。

カリキュラム

理工学部経営工学科の概要

東京理科大学 理工学部 経営工学科
東京理科大学 理工学部 経営工学科

〒278-8510
千葉県野田市山崎2641

TEL:04-7124-1501(内線3850)
FAX:04-7122-4566
(経営工学科事務室)

メールアドレス

交通アクセス
  • 東京理科大学
  • 大学院 理工学研究科 経営工学専攻

カリキュラム

■ 経営工学基礎実験2

パターゴルフを通じて学ぶデータに基づく問題解決。ビッグデータ、データサイエンス、データ重視の時代にデータ分析だけでなく、データはいかにして作られるか、分析結果をどう問題解決へ結びつけるかを含めて、総合的に学びます。

■ 経営工学実験A

iPadの動画を見ながらレゴブロックのロボット組立作業を通してものづくりを体験し、チームで改善の基礎となる「PDCAサイクル」や「IEの基本原則」を実践することによって「問題解決力」を養います。

■ プログラミング基礎実習A・B

一人ひとりがノートパソコンを用いてExcelVBAやPythonで実際にプログラムを作成し、コンピュータを操る基礎を学びます。ここで修得した技術を使って、2年生以降、システム開発やデータ解析などを行います。

理工学部経営工学科の概要