牛島研究室へようこそ

本研究室では有限要素法を用い、軽量な薄肉部材やセル構造体(ラティス、ハニカム、エッグボックス、インターロック構造など)の機械的特性(剛性、強度)、衝撃エネルギー吸収特性、振動特性、熱特性などを求め、解析結果に基づき特性評価のための理論モデルの構築を行っています。併せて、金属3Dプリンターで実際に試験片を造形し、実験による評価も行っています。
また、これまでの研究成果は国内外の学術雑誌、講演会で発表しています。