English >>
センター長挨拶

センター長挨拶

藤嶋 昭センター長

光触媒は実に多様な分野での活用が可能です。ビルを常にきれいにしたり、ガラスが曇らない、汚れないといったことから始まって、空気や水を浄化するといったことも可能となります。水の浄化については、非常に大きなテーマだと考えています。また、ウイルスやがん細胞などに対しても効果を発揮しますので、がん治療を含めて医学的な応用もできます。

このように光触媒には非常に大きな可能性がありますので、企業や海外の研究者などにもどんどん参画していただきたいと思っています。光触媒に関しての企業との共同研究ということについては、これまでの実績もありますので、光触媒を使って新しい製品等を開発したいと考える企業とは、ぜひコラボレーションしていきたいと思っています。

また、学外の研究者についても、海外の研究者も含めて、より多くの方々に参画していただきたいと思っています。たとえば、「環境浄化グループ」の研究テーマのひとつである植物工場などにおいては、光触媒の水処理技術を使って、より有用な漢方薬を作るための薬草の栽培などにも取り組む予定です。

光触媒については、日本が世界をリードしていますし、その日本の中でも、この「光触媒国際研究センター」がメッカとなって、ここから世界中に情報発信し、光触媒の普及・発展をリードしていこうと考えています。

▲ページトップへ