田村 敬済 先生

単元名:正負の数
題名:「時差について考えよう」
授業の概要:午前10時に海外へ電話をかけたいと場面を設定し,相手にとって迷惑の時間帯を避けたいという状況から差を調べればよいというところから課題を設定する。課題解決場面では,社会で学んだ時差についての知識を用いながら,経度を正負の数で表し,求めた結果について何時間前なのか後なのかを表すのか解釈する。正の数と負の数の有用性や数学を生活や他教科の学習に生かそうとする態度などの資質・能力が向上する時間としたい。