Welcome to TK's Homepage
Since May 1997
  | TOP  | 講義関連  | Link for Science  | Link for Hobby  | Link for Suzaku  | 研究室の紹介  | Profile | ASTRO-H衛星関連 | 

 

Current Work
                     
研究室のホームページ
自己紹介
CLASS
uni-career
LETUS
就職関係
理工学部物理学科のHP
東京理科大学のHP

 

宇宙放射線研究室 のホームページ

当研究室では,ブラックホールやパルサーなど宇宙空間にある様々な天体か らの高いエネルギー光子(宇宙X線・γ線)を観測し,宇宙で実際におこって いる高エネルギーの物理現象を探求しています.

我々の研究室では,X線天文衛星(宇宙望遠鏡)に搭載するX線検出器の研 究開発を進めており,主に,X線CCD(Charge Coupled Device) 、SOI(Silicon on Insulator),   GEM(Gas Electron Multiplier)の研究開発を行っています。これらの研究は,宇宙 航空研究開発機構(JAXA),大阪大学,京都大学,立教大学,宮崎大学,理 化学研究所,マサチューセッツ工科大学(アメリカ) など国内外の大学・研 究機関と共同で研究を行っています.

現在,当研究室が携わっている衛星プロジェクトは,「すざく衛星」, 「ひとみ(Hitomi)衛星」,「FORCE衛星」,「iWF-MAXI」,「PRAXys衛星」になります。
また,次世代の放射線検出器(XRPIX)の開発にも従事しています。

当研究室に興味がある方は,是非一度見学に来てください.
当研究室の研究内容はJAXAのASTRO-H衛星のホーム ページに掲載して頂きました。

  • 研究室のメンバー紹介
  • 研究紹介1(X線CCD・SOI・GEMの研究開発)
  • 研究紹介2(天体のデータ解析)
  • 研究室のwiki
  • 旧研究室のwiki
  • 研究室の予定表

    2016年2月17日に無事ASTRO-H衛星の打ち上げられました! 打ち上げ後、名称が「ひとみ」衛星と決まりました。


    2016年3月4日にイギリスOpen UniversityのAndrew Holland教授によるセミナー「X線用CCDとX線用CMOSの開発」を開催します。


    2016年3月7日に2015年度の幸村研究室の4年生の卒業研究の発表会を開催しました!お疲れ様でした。


    2016年3月23-24日に東京理科大学神楽坂キャンパスにおいて高宇連研究会を開催します



    News




  • すざく衛星


    「すざく」衛星は日本で5番目のX線天文衛星で、日本とアメリカの共同開発によ るもので2005年7月10日に宇宙航空研究開発本部の内之浦宇宙センターか ら打ち上げられました。



    Hitomi衛星


    「ひとみ」衛星は2016年2月17日に打ち上げられた,日本で6番目のX線天文衛星です。   日本のX線天文学グループと,欧米の大学・研究機関と協力して開発を進めている   新世代の科学衛星です.幸村研究室ではエックス線CCDの開発を担当しています。



    GEMS衛星


    「GEMS」衛星は,アメリカのNASAが中心となって開発を進めている偏光観測を主目的としたX線天文衛星です。日本では理化学研究所が中心になり,JAXA,名古屋大学などの大学研究機関と共同で開発を進めています.



    FFAST衛星


    「FFAST」衛星は2機の小型衛星を編隊飛行させた衛星で,一方の衛星に、 硬X線反射鏡 (FFAST/HXT) を、もう一方の衛星に硬X線イメージング分光 検出器を搭載することで、焦点距離 20 mの望遠鏡を形成します。大阪大 学が中心となり共同で開発を進めています.



    ORBSIS衛星


    「ORBIS」衛星はバイナリブラックホール探査衛星で首都大学東京が中心 となり共同で開発を進めています.