東京理科大学 薬学部 花輪研究室

  1. HOME
  2. >
  3. 研究室について

研究室について

患者に優しい製剤の開発

Development of the Patient Friendly Formulations

医療の現場では、市販の医薬品には含有されていない成分を含有する製剤を独自に調製する「院内製剤(臨床製剤)」が数多く調製されています。しかし、物理化学的、生物薬剤学的なエビデンスを有する製剤を医療機関内で開発するのは困難な状況にあります。また、近年は「医師主導の治験」に対応した院内製剤調製が求められていますが、こうした研究を行える医療機関には限界があります。
本研究室では開発が強く求められる領域に焦点を当て、エビデンスレベルの高い製剤を医療機関内で調製可能な製剤として発信し、医療機関との共同研究による臨床応用、そして実際の製剤としての市販化を目指すための基礎研究を行っています。

花輪研究室について

研究室概要

医療デザイン学(臨床製剤設計学)研究室(花輪研究室)

  • “患者に優しい製剤”の開発
    ハイドロゲル, 口腔用スプレー剤・フィルム剤、苦味のマスキングを考慮した製剤設計
  • 分子製剤学に関する研究
    難溶性薬物の可溶化に関する研究
  • 医薬品デバイスに関する研究
    医薬品とデバイス間の相互作用に関する研究,医薬品デバイスに関する研究

研究室メンバー

  • 花輪剛久 教授 
    教授 花輪 剛久

    専門分野:医療薬学・製剤工学・臨床製剤学
    学位:薬学博士

  • 河野弥生 助教
    講師 河野 弥生

    専門分野:製剤学・薬剤学・医療薬学
    学位:博士(薬学)

  • 河野弥生 助教
    秘書 岩長 かおる

Master and Bachelor

D2 名取 伸行
D1 Nguyen Ngoc Sao Mai
M2 青木 野恵 瀬谷 翼 山田 有佑理
M1 宇都宮 唯子 河村 昇 貴嶋 逸斗 村田 大貴
B6 穴水 滉大 佐瀬 正則 茂野 奈穂子 嶋村 映美 三井 勇唯
向井 雅人 横山 文也
B5 水谷 佳功
B4 中西 泰規 成田 壮秀 星﨑 萌 石川 葉月 清水 里穂
寺嶋 諒 原澤 春花 古内 愛梨 山崎 萌絵

研究テーマ

学年 氏名 研究テーマ
D2 名取 伸行 電子線架橋によるハイドロゲルの薬物担体としての応用
D1 Nguyen Ngoc Sao Mai 創傷治癒を目的としたクルクミン含有外用剤の開発
M2 青木 野恵 硫酸バリウム製剤の調製と嚥下機能の評価
瀬谷 翼 PVCの薬物担体としての応用
山田 有佑理 乾式粉砕による難溶性薬物の可溶化
M1 河村 昇 溶媒存在下における非晶質薬物の結晶化傾向の検討
貴島 逸斗 QCM-Dを用いた粘膜付着性高分子の評価
村田 大貴 温度応答性ゲルに関する研究
宇都宮 唯子 卓上型ボールミルを用いたレバミピドの微粒子化
B6 穴水 滉大 混合粉砕による難溶性薬物の可溶化に関する研究
佐瀬 正則 卓上型ボールミルを用いた混合粉砕に関する研究
茂野 奈穂子 創傷管理製品のユーザビリティーに関するニーズ探索
嶋村 映美 湿式粉砕によるナノ粒子の調製
三井 勇唯 創傷治療用製剤の開発
向井 雅人 末梢神経障害用外用剤の開発
横山 文也 高分子と薬物によるゲル化に関する研究
B5 水谷 佳功 創傷管理製品のユーザビリティーに関するニーズ探索
B4 中西 泰規 湿式粉砕による難水溶性薬物の微粒子化に関する研究
成田 壮秀 マイクロエマルションの三成分系相図に関する研究
星﨑 萌 温度応答性ゲルに関する研究
石川 葉月 薬物含有ハイドロゲルに関する研究
清水 里穂 共融混合物を用いた製剤研究
寺嶋 諒 口腔内付着型口腔ケア用製剤の開発
原澤 春花 蛍光剤を含有したミニゼリーの調製と評価
古内 愛梨 混合粉砕による固体分散体を用いた製剤研究
山崎 萌絵 湿式粉砕による難水溶性薬物の分散安定性の向上に関する研究

▲topへ