Hashizume Laboratory
Department of Industrial Chemistry, Tokyo University of Science

 

研究室について


東京理科大学 工学部 工業化学科 複合工業化学第一研究室(橋詰研究室)


当研究室を志望する皆さんへ


研究に必要な知識

  •  当研究室では有機-無機ハイブリッドや有機物同士のハイブリッドの作製と応用に関して、ハイブリッドを構成する有機物の構造や性質に注目して研究を進めています。用いる分子や材料表面の化学構造をイメージしながら実験系の設計を行うことが必要であり、またテーマによっては基本的な有機合成も行うので、有機化学の基礎知識および有機化学的考え方は必須となります。もちろん物理化学(分子間相互作用や表面・界面の化学)、無機化学、そして研究背景を理解し応用の方向性を明確にするためにいわゆるバイオの分野、などの基礎知識も必要となってきます。
  •  だからといって現時点でこれらの知識がないとだめだ、ということではありません。研究を進めながら勉強していけば大丈夫です。大事なのはこれらいずれかの分野に興味があるかどうか、です。知識の習得は大変かもしれませんが、研究のための勉強はなぜその知識が必要なのか明確ですので、今まで難しく感じていた学問でも理解しやすくなっていることが期待できます。また、これらの分野を一通り網羅できるようになれば、幅広いバックグラウンドをもった人材として社会にアピールできると思います。

研究室生活

  •  研究室は原則として月曜〜金曜 朝9:30開始です。
  •  ただし、スケジュールの都合で土曜日に行事が入ることがあります(事前に連絡します)。
  •  卒業後の社会人生活に速やかに対応するためにも規則正しい生活を送ることを求めます。
  •  日々の実験・ディスカッション以外に全員参加の公式行事として以下のようなものがあります。
    • 検討会:毎週1回、2〜4人が発表資料を作成して研究成果の報告をし、全員で質疑討論を行います。
    • 雑誌会:毎週1回、1〜2人が研究に関連する論文の英訳を作成した資料をもとに説明し、全員で議論します。
  •  これらを通じて研究のまとめ方、資料作成能力、プレゼンテーション能力、英語力などの向上をはかっています。
  •  また、他のメンバーの発表を聴くことで、自分のテーマ以外の知識を拡げることや、上手な発表のコツを学ぶこともできます。研究の知識に限らず、広く人から学んで自分のプラスとしていく能力を身につけてもらいたいと思います。
  •  その他不定期ですが勉強会(関連知識の習得)やセミナー(成果発表や講演会)なども行います。
  •  卒業論文の作成にとどまらず、学会や学術誌上において成果を公表することを目標に研究を進めていきます。
  •  研究以外でも課外研修や区切りの時期ごとの飲み会、学内外の他研究室との交流の機会などがあります。

卒業後の進路

  •  工業化学科の他の研究室と同様、大学院進学を希望する学生の方が多いです。就職先に関しては、研究テーマとの直接の相関はなく、基本的には学生個人個人がどのようなキャリアパスを考えるかに依っており、学部、大学院とも特にある分野に偏っているということはないと思います。当研究室の場合、どの研究テーマについても基本的には化学をベースとした材料作製と評価、ということになりますので、化学系、材料系のメーカーを中心に種々の産業分野に対応できると思います。公務員をいう道を選んだ卒業生もいます。

教員からのメッセージ

  •  当研究室では各自が自分の研究テーマに責任を持って取り組んでいます。研究室に所属して行う研究は学生実験とは大きく異なります。教員からの指示を待つのではなく、自分から進んで文献調査や研究計画立案を行い、教員とのディスカッションをこまめに行いながら研究を進めていくことが必要です。また検討会などにおいては、他の人の発表を理解し、それを自分に活かす力が必要となります。各自の努力の程度によって、卒業するときまでに得られるものの大きさは異なってきますが、どうせやるならより高いレベルを目指してみてはどうですか? なお将来研究職への就職を希望している人には修士課程に進学して研究をさらに大成させ、研究者として十分な経験を積むことを勧めます。
  •  また研究室での生活は卒業後社会人として世の中に対応し、活躍していくための良いトレーニングの機会でもあります。多くの時間を注ぐことになりますから、そこから得られることが自分の将来にとってどうプラスになるのか、についてできるだけ早く気付くことが大切です。そうすれば充実した毎日を送ることができるでしょう。あわせて、多くのメンバーと日々の生活や研究を中心とした教員とのやり取りなどを通じ、社会人としての人づきあいの基本的なマナーも身につけてもらいたいと思います。
  •  いろいろ述べましたが、結局は研究する上で一番大事なのは研究分野に対する興味です。「おもしろそう」「なんでだろう」「こんなことはできないのかな」など、純粋に感じた気持ちを大事にしてください。

修士課程から当研究室を志望される方へ

  •  当研究室は大学院については工学研究科工業化学専攻の所属となります。研究スペース等の関係で希望して頂いても受け入れが難しい年度もありますが、修士課程から当研究室で研究を行ってみたい方がいましたら、まずはご相談ください。
  • ※2021年度入学に関しては、実験スペースの関係上外部から修士課程の学生を新たに迎え入れることは非常に困難な状況です。どうぞご理解ください。