tus space ribs ribs
Japanese | English

ganshien_banner e_ouen_w_banner
START_banner

jinzai_banner master_banner ouen_w_banner
master_banner master_banner RIST_TUS_banner MIP_TUS_banner URA_TUS_banner CENTIS_banner LETUS_banner CLASS_banner

研究室についてAbout Our Lab.

アカデミア創薬へ向けた「日の丸印のテクノロジー」を世界へ

ems_photo

東京理科大学 研究推進機構 総合研究院

教授 宮本悦子

サイエンスや医療は,常に技術の進歩とともに発展して来ました。クローニング技術が生まれて,我々は研究したい遺伝子を分離して増やすことが出来るようになりました。シーケンス技術が生まれて,自分達の持つ遺伝情報を全て解読することが出来るようになりました。本研究室では、日本発の独自技術「日の丸印のテクノロジー」としての網羅的生体分子相互作用のインタラクトーム解析ツール(「ピューロマイシンテクノロジ」[研究内容 参照])を研究の基盤としています。個別化医療時代に向けて、これらのツールを「医科学」や「アカデミア創薬」へ応用して行きます。研究のスタイルは、医工薬理など分野横断型の領域融合研究が必要です。パーソナルゲノム解析にとって欠かせない次世代シーケンサ解析を利用して、特に「がん」や「免疫疾患」に着目し、「疾患の標的分子の同定・検証・制御」に挑戦して行きます。また、生理活性因子である薬剤、代謝物、植物や食品成分等と生体分子のインタラクトーム解析を展開することで、生理活性因子の生体での作用機序の解明や副作用やドラッグ・リポジショニングの研究に応用して行きます。

kinen_photo

2019年4月 宮本研の集合写真
(東京理科大学 野田キャンパスにて)

  皆さんには、無限の可能性が開かれています。私が大学院時代を過ごした三菱化学生命科学研究所で、学んだ言葉があります。「面白い研究は最初からある訳ではない。面白い研究にした人がいる。そう言う人になりなさい。」重要な研究は沢山ありますが、なぜある研究が、「インパクトのある後に残る研究」や「メッセージのある面白い研究」となり、人々のこころを魅了するのでしょうか? 始めから、面白くて重要だと皆が認めている分野の研究だけでなく、今はまだ誰も知らない研究で、誰かが、その重要さや面白さに気づき、それを新しい分野として開拓して作り上げる時、ユニークな世界が生まれます。それが、次のサイエンスにインパクトを与え、新しい分野を切り拓く原動力となる可能性があるのです。皆さんは、そんな世界を自分で切り拓いて行くことが出来るポテンシャルを持っています。良い頭を持っているのですから、ぜひご自分で“考えて”みてください。宮本研究室が、そのきっかけを作ることが出来れば大変嬉しいことです。

ems_sign

このページ先頭へ

ホーム | ご挨拶 | メンバー | 研究内容 | 研究成果 | アルバム | アクセス

連絡先: 〒278-0022 千葉県野田市山崎 2641

東京理科大学総合研究院 宮本分子医科学研究室

  phone/fax 04-7124-1501 Ext. 6328  phone/fax 04-7121-4112(直通) 

e-mail ems-lab/rs.tus.ac.jp ("/"="@")