東京理科大学総合化学研究科 理学部第一部応用化学科 古海研究室

menu
東京理科大学
理学部第一部 応用化学科
古海研究室のホームページへようこそ
研究テーマ3 
低環境負荷な半導体ナノ結晶の合成と次世代オプトエレクトロニクスへの応用
詳細
研究テーマ2 
単分散コロイド微粒子の精密合成と新規フォトニック結晶への応用
詳細
研究テーマ1 
天然化合物による液晶の創製とソフトなフォトニックデバイスへの応用
詳細

研究テーマ Research Themes

 今日の日常生活の中は、たくさんの色で満ち溢れています。昼夜では空の色が異なり、日本では春には桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色というように四季折々の色を感じることができます。さらに、身の回りにはカラフルな色でデザイン・パッケージされている商品を目にすることが多く、色の表示を通じて、さまざまな情報を視覚的に伝えています。
 私たちの研究室では、この「色(光)」を自由自在に操れる新素材に関する研究を行っています。具体的には、「光と物質の相互作用」を考究して、コロイド、液晶、ゲル、エラストマーといったソフトな有機材料、いわゆるソフトマターを使って新しいフォトニックデバイスを創出する「基礎研究」と「応用研究」について取り組んでいます。これに加えて、ここ最近では、原子スケールの大きさを持った半導体などの無機ナノ材料を精密に合成し、自己組織性や光電子機能特性を有するソフトマターと高度にハイブリット化することで、独自の有機・無機ハイブリッドナノ材料に関する学理的探究を行うだけでなく、応用展開も視野に入れた研究を推進してます。
 これだけでなく、今日、私たちが直面している環境問題・資源問題や社会的ニーズ・トレンドにも考慮しながら、フレキシブルなフルカラーイメージングフィルム、外部刺激を検知できるセンサー、身体に貼ることができるウェアラブルセンサー、高輝度なディスプレイ、ソフトな波長可変レーザー光源、高効率な太陽電池など次世代オプトエレクトロニクスのイノベーションに貢献できる新しい研究領域の開拓を目指しています。

 天然化合物による液晶の創製とソフトなフォトニックデバイスへの応用

詳細

 単分散コロイド微粒子の精密合成と新規フォトニック結晶への応用

詳細

 低環境負荷な半導体ナノ結晶の合成と次世代オプトエレクトロニクスへの応用

詳細

新着情報 一覧