東京理科大学 応用生物科学科 倉持研究室

ご挨拶: 4 年目に入りました。化学と生物の「二刀流」の研究を中心に、医農薬開発や動物に関する研究を行っています!

 私たちの研究室は 2016 年 4 月に発足した研究室です。学生たちのたゆまぬ努力のおかげで、研究成果を学会や論文で発表できるようになりました。有機合成化学、生物有機化学、ケミカルバイオロジー、分子細胞生物学に関連する幅広い研究を行っております。「化学」と「生物」の両分野の研究を同じ研究室内で取り組んでおり、企業の研究所のような雰囲気です。このような研究室は国内外でも珍しく、私たちの研究室の大きな特徴だと思っています。研究室のメンバー全員で力を合わせ、活気あふれる研究室を作り上げていきたいと思っています。
 私たちは、化学、生物、それらの境界領域の研究を行っています。主に生物活性をもつ化合物を起点として、生命現象を解明する研究を推進しております。また同時に、合成した有用物質を医薬品、農薬、機能性材料として開発することを目指しています。「合成・単離→活性・機能評価→作用機構解析→分子設計」の一連の研究に取り組んでいます。

We Love RIKADAI

○ Proud Alumni

  1. 2016年8月 1 日 武内 亮 博士(Matrix Genetics、理工・応生 卒業生)の講演会を開催しました。
  2. 2016年9月27日 志村聡美 博士(ETH、理工・応生 卒業生)の講演会を開催しました。
  3. 2017年12月1日 増田 唯 博士(長谷川香料株式会社、理学部・化学科 卒業生)に大学院講義をご担当いただきました。

○ PR

  1. 学内広報誌 Conscience に野田キャンパス50周年記念企画として記事を寄稿しました(こちら)。
  2. 第18回 静岡ライフサイエンスシンポジウム(静岡大学)にて研究成果を発表しました(2017年3月5日)。
  3. 農理工学際連携コース・キックオフミーティングにて研究を紹介しました(2017年4月5日)。
  4. 【ご案内】裳華房社より「ゲノム創薬科学」(田沼靖一先生編)が出版されました。第5章の執筆を担当しました。
  5. 【ご案内】丸善出版より「マクマリー生物有機化学 有機化学編」、「マクマリー生物有機化学 生化学編」が刊行されました。
  6. 【受賞】加茂翔伍君が日本化学会 第98春季年会 学生講演賞を受賞しました。詳細はこちら
  7. 【ご案内】2018年10月13日(土)日本農芸化学会関東支部2018年度大会を東京理科大学の野田キャンパスで開催しました(大会の幹事を務めました)。
  8. 【受賞】中部大学 牛田先生、土田先生、日本大学 村田先生との共著論文が2018年度日本野生動物医学会論文賞を受賞しました。詳細はこちら
  9. 【受賞】古波津春希さんが日本農芸化学会関東支部2018年度支部大会 優秀発表賞(ポスター部門)を受賞しました。詳細はこちら
  10. 【ご案内】コロナ社より「天然物化学」が出版されました。
  11. 【受賞】古波津春希さんの発表が日本農芸化学会2019年度支部大会のポスター発表(優秀発表)に選出されました。

新着情報

アルバム を更新しました(卒業発表会)NEW
久々にHPを更新しましたNEW
研究業績(大貫さん、男澤君の論文アクセプト)を更新しました
研究業績(石井君の論文アクセプト)を更新しました
研究業績(第37回メディシナルケミストリーシンポジウムで発表)を更新しました
研究業績(農薬デザイン研究会で発表)。アルバム を更新しました(BBQ、農薬デザイン研究会で発表)
アルバム を更新しました(卒業アルバム撮影、4研究室合同セミナー)
PAGE TOP
Copyright © 2016 東京理科大学 応用生物科学科倉持研究室 All Rights Reserved.