自然の光合成から学ぶ光化学エネルギー変換

永田研究室では、主に自然の光合成から学ぶ光化学エネルギー変換を基盤として、太陽電池、人工光合成、光触媒といった光エネルギーの活用技術を研究しています。

View More

NEWS

2021.09.14-16
学会
光化学討論会 2021 (Online)にて、上杉さん(M2)が口頭発表、長川君(D2)、浅野君(M1)、小幡君(M1)、栢沼君(M1)、清田君(M1)、ジョヴァンディ デワンタラ君(M1)、松本君(M1)がポスター発表を行いました。
2021.05.19
ニュース
当研究室の卒業生である本間さんがNIKKEI STYLE U22 チャレンジャーに掲載されました!
NIKKEI STYLEに紹介された内容→「22歳リケジョの社会起業家 「奇跡の木」で命助けたい」
2021.04.28
受賞
当研究室の長川君(D2)が「可視光全域に吸収を持つ複合光触媒を用いたリグノセルロース系バイオマスの光改質による高効率な水素生成」という題目で、日本化学会第101春季年会(2021)にて学生講演賞を受賞しました!
TUS Todayに紹介された内容→「本学大学院生が日本化学会第101春季年会(2021)にて学生講演賞を受賞」
2021.04.05
ニュース
修士1年生6人と学部4年生11人が永田研に配属されました。頑張っていきましょう。
2021.03.22-24
学会
電気化学会 第88回大会にて長川君(D1)が口頭発表を行いました。
2021.03.19-22
学会
日本化学会 第101回春季年会にて長川君(D1)が口頭発表を行いました。
2021.03.18
ニュース
博士3年生1人、修士2年生3人と学部4年生12人が卒業しました。おめでとうございます!武隈君(D3)は卒業式で総代を務めました。
2021.03.11
受賞
当研究室の武隈君(D3)が研究等の成果が特に優れていると認められ、東京理科大学から表彰されました。

>>「研究・課外活動の成果が優秀な学生を表彰(TUS Today)
2021.02.24
論文
長川君(D1)と、永田准教授のリグノセルロースのフォトリフォーミングに関する論文がACS Applied Energy Materials誌のSupplementary Coverに選出されました。

>>「本学教員及び大学院生の学術論文がアメリカ化学会発行『ACS Applied Energy Materials』誌のSupplementary Coverに選出」(TUS Today)
>> ACS Applied Energy Materials (February 22, 2021 Volume 4, Issue 2)
2021.02.17
論文
長川君(D1)と、永田准教授のType-II複合光触媒の水素生成能に影響を与える因子を解明した論文がACS Omega誌のFront Coverに選出されました。

>>「本学教員及び大学院生の学術論文がアメリカ化学会発行『ACS Omega』誌のFront Coverに選出」(TUS Today)
>> ACS Omega (February 16, 2021 Volume 6, Issue 6)
2021.01.28
論文
長川君(D1)と、永田准教授のType-II複合光触媒の水素生成能に影響を与える因子を解明した論文がACS Omega誌にonline掲載されました。
2021.01.08
論文
長川君(D1)、永田准教授のリグノセルロースのフォトリフォーミングに関する論文がACS Applied Energy Materials誌にonline掲載されました。

View More