自然の光合成から学ぶ光化学エネルギー変換

永田研究室では、主に自然の光合成から学ぶ光化学エネルギー変換を基盤として、太陽電池、人工光合成、光触媒といった光エネルギーの活用技術を研究しています。

View More

NEWS

2021.01.08
論文
長川君(D1)、永田准教授の熱放射性CdS/SiC光触媒によるリグノセルロースから水素へのフォトリフォーミングに関する論文がACS Applied Energy Materials誌にonline掲載されました。
2020.10.16
受賞
当研究室の武隈君(D3)がバイオ太陽電池の光電流値向上に関する内容で、国際学会PRiME 2020にてGeneral Student Poster Awardを受賞しました!
>> 「本学大学院生が電気化学会の日米韓合同国際会議であるPRiME 2020において、General Student Poster Awardを受賞」(TUS Today)
2020.10.04-09
学会
PRiME 2020 (Online meeting)にて、武隈君(D3)、長川君(D1)、秋山君(M2)、須田君(M2)、高橋君(M2)がポスター発表を行いました。
PRiME2020
2020.07.17
受賞
当研究室の2名が日本学生支援機構の奨学金全額免除、1名が半額免除に認定されました。
2020.06.09
論文
武隈君(D3)、池田君(卒業生)、永田准教授らのNiO電極とPS1を用いたバイオ太陽電池に関する論文がRSC Advances HOT Article Collectionに選出されました。
>> RSC Advances HOT Article Collection
2020.05.15
論文
長川君(D1)、永田准教授らのTiO2(B)-アナターゼ光触媒の電子トラップ密度解析に関する論文がRSC Advances誌にonline掲載されました。本論文は、東北師範大学の張教授、北海道大学の大谷教授の研究グループとの共同研究成果です。
2020.04.21
論文
武隈君(D3)、池田君(卒業生)、永田准教授らのNiO電極とPS1を用いたバイオ太陽電池に関する論文がRSC Advances誌にonline掲載されました。本論文は、大阪市立大学の南後教授、神谷教授、川上准教授との共同研究成果です。
2020.03.17
ニュース
修士2年生8人と学部4年生9人が卒業しました。おめでとうございます!
2020.03.17
受賞
当研究室の長川君(M2)が研究等の成果が特に優れていると認められ、東京理科大学から表彰されました。
>> 「研究・課外活動の成果が優秀な学生を表彰」(TUS Today)

View More