研究内容

 阪田研究室は工学部電気工学科および工学研究科電気工学専攻スマートシステム研究分野の研究室です。研究室のコンセプトは「電気電子情報工学に基づく医療・福祉および農業・食品分野の新装置の研究開発」で、医工農融合研究を遂行する研究室になります。ここで医工農を結び付ける役を担っているのが、阪田が長年取り組んできた信号処理工学です。さらに、近年は制御工学のテーマにも積極的に取り組んでいます。
 阪田研究室では研究の柱を医工系と農工系の2本柱として、所属学生はいずれかに含まれる研究テーマを基本的に1人1テーマ担当して取り組んでいます。