特徴的な媒体中での界面化学

 界面化学の研究で対象となる液体としては、水と油(有機溶媒)が圧倒的に多いと思います。当研究室では水でも油でもない液体として、イオン液体や超臨界流体に着目した研究も進めています。イオン液体は塩化ナトリウムと同じように陽イオンと陰イオンから構成されているにも関わらず、常温では液体として存在するユニークな塩です。イオン液体は、不揮発性、不燃性、高イオン伝導性といった特徴を有しており、新しいタイプのエコフレンドリーな反応溶媒として、また電気デバイスシステムや特殊な環境下における潤滑油としての利用展開が期待されています。当研究室ではこうした「第三の媒体」に焦点をあて、その中での分子集合体形成能を評価し、界面化学的見地に立った「ものづくり」分野にここで得られた知見を活用しています。

・イオン液体中における界面活性剤の相挙動評価(無機酸化物微粒子の調製に応用展開)

・超臨界二酸化炭素中におけるベシクル(リポソーム・ニオソーム)の調製

・極低温環境下における界面活性剤の会合挙動評価

<具体的な研究テーマ例>

文部科学省科学研究費補助金

新学術領域研究

「融合マテリアル」