固体/液体界面物性の評価

 界面活性剤の主要な機能は、①溶液中で自発的に分子集合体(ミセル・液晶等)を形成すること、および②界面に吸着し、界面エネルギーを低下させることの2つがあります。固体と液体が接する界面にも界面活性剤は吸着していきますが、その結果として固体表面のぬれ性や微粒子分散系(懸濁液・サスペンション)の安定性が著しく変化します。当研究室では、原子間力顕微鏡、水晶振動子マイクロバランス、分光エリプソメーター等の分析装置を利用することで、固/液界面に対する界面活性剤の吸着挙動を明らかにしています。また、固/液界面に形成された分子吸着層の「その場」摩擦力測定も進めており、ナノケミカルトライボロジー分野への貢献をめざしています。

<具体的な研究テーマ例>

・固体/水溶液界面に対する界面活性剤の吸着挙動の評価(原子間力顕微鏡AFM・水晶振動子マイクロバランスQCM-D)

・固体/イオン液体界面の構造評価

・摩擦・潤滑分野への界面化学的アプローチ(ナノトライボロシー)

文部科学省科学研究費補助金

新学術領域研究

「融合マテリアル」