界面化学を基盤としたナノ形態制御セラミックス材料の創製

 シリカ、チタニア、アルミナなどの金属酸化物は、触媒・触媒担体・光触媒・顔料・低屈折率材料など様々な用途に広く使われている材料です。これらの機能を最大限発揮させるためには、その粒子のサイズ・形態を最適化することが必要となります。本研究室では、界面活性剤に代表される両親媒性分子が形成するナノスケール分子集合体をテンプレート、または構造指向剤として、ナノ形態制御されたセラミックス粒子を調製することを試みています。特に、ベシクルを構造指向剤とした、シリカ・チタニア中空粒子、ナノチューブの調製、またイオン液体を活用したチタニアシート、チューブの調製などに注力しています。

・ベシクルを構造指向剤とした高分散性シリカ・チタニア中空粒子・ナノチューブの調製とその応用(反射防止膜、DDS)

・界面活性剤混合系を利用したナノポーラスシリカ・チタニアの細孔構造制御

・コロイド結晶を利用した粒子表面の位置選択表面改質法の開発

・界面化学を駆使した様々な構造を有する貴金属(金・銀)ナノ粒子の調製

・金ナノロッド規則配列体の形成と光学・電場特性の評価

<具体的な研究テーマ例>

文部科学省科学研究費補助金

新学術領域研究

「融合マテリアル」