東京理科大学 工学部 電気工学科
MENU
電気工学科について

教員紹介FIELD INTRODUCTION

電気工学分野(エネルギー・制御)ENERGY / CONTROL

  • 教授 植田 譲
    持続可能な社会の実現に向け,太陽光発電を中心とした再生可能エネルギーと電力エネルギーマネジメントに関する研究を行っています。学生時代は多くの「初めて」を経験する絶好の機会。色々なことに挑戦し,多くの知識と「考え方」を身につけて下さい。将来の技術を担うのは皆さんです。
  • 教授 小泉 裕孝
    現在の快適な社会生活を支えているのはエネルギーであり,電力はその主役です。また,エネルギーは地球環境問題と背中合わせの存在でもあります。電気工学,特にパワーエレクトロニクスを通じて,どのような貢献が出来るのか,学生の皆さんと共に考えて行きたいと思います。
  • 教授 阪田 治
    電気工学の基礎技術の勉強と研究は,皆さんが将来電気工学の専門家として活躍 する土台を作る上でとても重要なことです。それに加えて,たとえば医療や農業・食品といった電気関連業界以外の産業界への応用を題材として,電気工学技術を広範にわたる実社会でいかに役立てるのかについても教育していきたいと思います。
  • 教授 和田 正義
    ロボット・メカトロニクスシステムの研究を行っています。この分野では多分野にわたる幅広い知識が必要になってきます。そんな研究のなかで、自分のやりたい事を探してゆくのも研究の1つのやり方だと思います。とりあえず手足と頭をがむしゃらに動かして研究に没頭する、そんな研究環境を提供する研究室です。
  • 准教授 山口 順之
    学生時代に勉強・研究にしっかりと時間をかけて取り組むことが,就職活動,社会人生活への大きな自信と糧になることでしょう。自由な発想とディシプリンを磨き上げて,電気工学の専門家としてグローバルに活躍できるよう,一緒に楽しみましょう。
  • 助教 崔 錦丹
    電力自由化により新電力が生まれ、太陽光発電などの再生可能エネルギーの拡大導入が期待されています。天気に左右される太陽光発電システムを蓄電池と統合して、需要家において賢く最大限に利用できる最適化運転計画と、電力市場を通じて系統全体の安定供給のための調整力供出について研究を行っています。

情報工学分野(通信・情報)COMMUNICATIONS / INFORMATION

  • 教授 岩村 惠市
    大学時代の勉強と研究は今後の自分のための貯金みたいなものです。大学時代に一生懸命やったことは今後の自分に必ず返ってきます。今は自分のやりたいことを納得がいくまでできる良い機会ですので,一緒にがんばっていきましょう。
  • 教授 長谷川 幹雄
    カオス・複雑系の最先端数理理論を用い,通信ネットワーク技術のブレイクスルーを目指して研究しています。学生の皆さんも,しっかり勉強して研究を頑張れば,国際学会で自分の成果を発表できるようになります。その経験はきっと将来役に立つはずです。一緒に頑張りましょう。
  • 教授 浜本 隆之
    学生時代は物事にじっくり取り組むことのできる良い時期だと思います。何か1つでよいので,自分の将来に向けて役に立ちそうなテーマを見つけて,思いっきり打ち込んでみましょう。きっと素晴らしい成果が得られることでしょう。
  • 教授 吉田 孝博
    電気工学は,身近な電子機器をはじめ,生活を支えるサービスやインフラに及ぶ重要な分野をカバーしています。また,イノベーションを起こし,社会を変える力も持っています。皆さんも,この魅力的な分野で興味を持って没頭できることを見つけて,社会で活躍できる素敵な人財へと大きく成長しましょう。
  • 准教授 佐藤 俊一
    光学処理と画像処理を融合した新しい撮像システムに関する研究に取り組んでいます。人は視覚から約8割の情報を得ると言われており、人が関わる各種機器やサービスにおいて、画像情報はとても有用で必要不可欠なものです。皆さんも大学生活を通して、是非「これをやりたい」と思う事を見つけて、そこに向かって勉強してほしいと思います。
  • 助教 伊藤 友輔
    人々の日常生活をより豊かにするサービスの実現に向けたネットワーク技術に関する研究を行っています。学生の皆さんには,ネットワークに関する基礎から応用までの知識やスキルを身に着けてもらい,社会貢献につながる研究を一緒に行いたいと考えています。
  • 助教 佐藤 光哉
    いつでも安心して使用できる無線通信システムの実現に向けた研究を行なっています。IoTや自動運転など様々な用語が飛び交う時代ですが,それらの多くは大学で学ぶ基礎科目の上に成り立っています。講義や卒業研究を通して,そういった学問と実際の繋がりをお伝えしたいと思います。
  • 助教 前田 慶博
    画像信号処理とそれの高速化に関する研究を行っています。大学では,講義で様々な学問の基礎,研究では学問の応用や最先端の動向を学ぶことができます。このような経験を通じて,社会で通用する工学知識の習得を一緒に目指して行きましょう。
  • 助教 李 傲寒
    スマートフォンやIoTデバイスの急速な普及に伴い,無線通信のトラフィック量が爆発的に増加し続けています。通信品質向上のため,革新的AIによるネットワークリソースの最適割当に関する研究を行っています。学生時代には,専門知識を身につけるだけではなく,新しいことにチャレンジする精神及び前向きな明るい人生観の育成も大切だと思います。一緒に楽しみましょう。
  •  

電子工学分野(材料・エレクトロニクス)MATERIALS / ELECTRONICS

  • 教授 安藤 靜敏
    「夢」に向かうには,「目標」を立て,達成するための「課題」の設定が重要です。「目標」と「課題」をしっかりと把握し,常に次の目標を持つことは大事です。そのためには学びは大切ですが,人との出会い,時の運も大きな要因です。皆さんの「将来の夢」を達成することができる通過点として,質の高い教育・研究を提供していきたいと思います。
  • 教授 河原 尊之
    敢えて言います。大学では"とことん"勉強しましょう。授業・実習では先人の頭の使い方を学び取ります(教科書って実は過去の大成功事例集です)。卒研・修論では次の創造へ向けて,時間・気力配分含めた段取り力・研究の纏め方を身につけます。皆さんの長く使える財産となり,豊かな人生への扉のひとつが開きましょう。
  • 教授 西川 英一
    人生は100年! 学生生活,4年(修士6年)間と短い? 初代学長本多光太郎先生は言われた「今が大切」。密度の濃い学生生活を。基礎固めはお早めに! 好奇心のアンテナを張り,失敗(成功の元)をおそれず,いろいろな事に挑戦してください。Bon voyage!
  • 准教授 福地 裕
    工学部電気工学科は葛飾区新宿にあり,学園パーク型キャンパスとしてとても充実した環境です。本学科で勉学と有意義な学生生活を両立させ,将来は社会で貢献されることを期待しています。
  • 助教 柯 夢南
    私たちを取り囲む情報処理機器の進歩は,電子デバイスに支えられてきました。今後,IoTと人工知能時代にむけて,更なる速い処理速度が必要です。トランジスタ,メモリ,光デバイスなど,エレクトロニクスの可能性はますます広がっています。皆さんの活躍を期待しています。
  • 助教 宮内 亮一
    センサインターフェースにおけるアナログ集積回路の研究を行っています。学生のときは,失敗をおそれず様々なことにチャレンジし,皆さん自身を磨いてください。そして,将来を担う技術者を目指して一緒に頑張りましょう。