連絡先

東京理科大学理学部第一部教養学科 中丸研究室

〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1-3 Tel:03-5228-8160(研究室直通) Email:nakamart〔at〕rs.tus.ac.jp 〔at〕を@にかえてお送りください

このサイトをみんなと共有しよう

研究概要

ハーヴァード大学比較動物学博物館
ハーヴァード大学比較動物学博物館

アンデルセン『人魚姫』を共通テクストに、様々な国・地域・分野の研究者が共同で行うプロジェクトから出発し、現在は、明治・大正期の日独思想・文化交流を研究しています。詳しくは趣意をご覧ください。
This is the website of a joint project that uses a common text - Andersen’s “The Little Mermaid ”- to unite scholars studying the literature of various countries and regions.
Please click here to go to English page.

Topics

2020年10月11日       
米村みゆき氏の書評「高畑勲作品を成立させる基盤」(『図書新聞』3465号/2020年9月2日号に対する研究代表者・中丸禎子の見解が、中丸の個人ホームページに掲載されました。
2020年10月6日       
10月31日(土)14:30より、プロジェクト人魚第40回研究会を一般公開・オンラインで開催します。今回の発表は、田中琢三「ダレーの「血と土」イデオロギーの諸相と日本における受容」です。
ご参加には申し込みが必要です。プロジェクト人魚第40回研究会のご案内をご確認のうえ、所定のフォームよりお申し込みください。
2020年9月29日       
『高畑勲をよむ』特設ページに、田中琢三の編集後記「ハイジのブランコとアンガージュマン」を掲載しました。
2020年9月21日       
・『図書新聞』3465号(2020年9月2日号)に、『高畑勲をよむ』の書評 米村みゆき「高畑勲作品を成立させる基盤――文学研究者による書物という銘打つ限り、その専門性が高畑映画の考察にどのような豊かな実りをもたらすのか」(リンク先:会員限定)が掲載されました。
『高畑勲をよむ』特設ページに、池田嘉郎氏の感想を掲載しました。
2020年8月20日       
『高畑勲をよむ』特設ページに、第1回オンライン合評会の評者による書評を掲載しました。
・宮下みなみ:田中琢三「高畑勲とフランス文学」
・齋藤萌:中丸禎子「わたしはおうきくなりたくない」
・厚見浩平:加藤敦子「物語・風流・浄瑠璃」
・宮下みなみ:兼岡理恵「「五コマ目」を紡ぐ」
2020年6月28日       
今後の企画、研究に向け、『高畑勲をよむ』読者アンケートを行います。ご協力いただける方は、以下のフォームよりご記入ください。多くの皆様のご回答をお待ちしています。
https://forms.gle/8zwWYP6refjyDWVr5
2020年5月20日       
【重要なお知らせ】
『高畑勲をよむ』は、現在、主要なオンライン書店で「在庫なし」「再入荷予定なし」等と表示され、定価の2~3倍の「中古本(ほぼ新品)」が出品されています。書籍が売り切れて新品がなくなったわけではなく、各オンラインサイトで生活必需品の補充・配送を最優先しているため、書籍全般の補充が遅れているようです。
 本書に関しては、三弥井書店に十分な在庫があります。ご不自由をおかけしますが、今後、順次各オンライン書店に補充されますので、お待ちいただければ幸いです。また、送料はかかりますが、すぐにお買い求めになりたい場合は、「三弥井書店WEB」でご注文ください。Amazonで「すべての出品を見る」というオレンジ色のボタンをクリックすると、「三弥井書店WEB」の出品があります。こちらからのご注文分は、翌営業日に出版社から直接配送します。Amazonで定価より高い古書の値段が表示されることもあります(5月20日11:50現在、中古書の「8721円」が表示されます)が、「三弥井書店WEB」では、新刊を定価3080円(税込み)+送料262円でお買い求めいただけます。

このウェブサイトは日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究 (C) の助成を受けて作成しました。