連絡先

東京理科大学理学部第一部教養学科 中丸研究室

〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1-3 Tel:03-5228-8160(研究室直通) Email:nakamart〔at〕rs.tus.ac.jp 〔at〕を@にかえてお送りください

このサイトをみんなと共有しよう

『高畑勲をよむ』

内容紹介(企画書より)

     2015年9月1日、シンポジウム「高畑勲の≪世界≫と≪日本≫」(プロジェクト人魚・日本ハイジ児童文学研究会共催)が開催された。ここでは、日本文学研究者の加藤敦子、兼岡理恵による高畑勲氏へのインタビューとフロアからの質疑応答により、日本と西洋の文化に関する高畑氏の広範な知識と奥深い解釈、それを背景としたテレビアニメや映画製作への姿勢、そして高畑氏が思い描く映画の将来像の一端が語られた。こうしたものの見方や制作姿勢に裏打ちされた高畑氏の表現方法が、内外で高い評価を受け、「アニメは子ども向け/子どもだましの娯楽」というステレオタイプ・イメージに一石を投じたこと、新たな文化的価値を生み出したことは周知のとおりである。
     本書の目的は、シンポジウムを通じて明らかになった、これまでの作品で高畑氏が提示した表現のあり方や、その背後にある文化・思想を多角的に論じることにある。すなわち本書は、高畑作品の制作プロセスや意義のみを問う「高畑映画論集」ではなく、「高畑氏の作品との関連」を共通項に、高畑映画自体を含む諸作品の表現のあり方・歴史・思想を対象に多様な文化を論じる「文化論集」である。
     高畑氏インタビュー、小田部羊一氏・中島順三氏座談会の記録、人文系研究者の論文12本を掲載。これからの学術研究の可能性を視野に入れながら、高畑氏のテレビアニメと映画、その原作となった文学作品、映画や文学を取り巻くメディア環境を分析する。

目次

    クリックすると開きます。

編集後記

書評(2020年6月28日合評会)

評者プロフィールはこちら

書評(商業誌)

ご紹介・ご感想

三弥井書店

チラシ・広告

シンポジウム「高畑勲の≪世界≫と≪日本≫」

    クリックすると開きます。