神楽坂「感染症にまつわる数理」勉強会
第10回 神楽坂「感染症にまつわる数理」勉強会

下記の要領で勉強会を開催いたします.皆様のご参加をお待ちしております.

講演者 長山 雅晴 氏(北海道大学電子科学研究所 附属社会創造数学研究センター)
講演題目 数理科学と皮膚科学の接点
日時 令和元年12月26日(木)15:00〜17:15(11月26日 開始時間を変更しました)
場所 東京理科大学 神楽坂キャンパス 森戸記念館 第1会議室
https://www.tus.ac.jp/info/access/kagcamp.html
https://www.tus.ac.jp/info/campus/kagurazaka.html
講演概要 [PDF] 表皮の持つ重要な機能としてバリア機能が知られている.バリア機能としては角層バリア機能とタイトジャンクション(TJ)バリア機能があり,角層バリア機能は体内の水分保持や外界からの細菌等の侵入を防いでおり,物理的バリアとして機能している.また,TJバリア機能は細胞外イオン等の流出を防止しており,生理的バリアとして機能している.ここではバリア機能に焦点を絞り,表皮の数理モデリングをおこない,バリア機能が恒常的に維持される機構を理論的に考察する.ここでは「バリア機能の恒常性」を数理科学としてどのように定義したらいいのか議論したい.さらに,細胞分裂や細胞分化が異常になったときに生じる表皮モデルの結果と皮膚疾患を比較することで,数理モデルの病態再現への可能性について考察する.


 本勉強会は,東京理科大学 研究推進機構 総合研究院 「数理モデリングと数学解析研究部門」 の活動の一環として行います.感染症に関連する研究を行っている数学・統計学・生物学・化学・医学・薬学・工学などの幅広い分野の研究者の皆様に話題を提供して頂きながら定期的に開催していく予定です.

【過去の勉強会】
第9回 神楽坂「感染症にまつわる数理」勉強会
日時:令和元年10月25日(金)16:00--18:15
講演者:守田 智 氏(静岡大学工学部 数理システム工学科)

第8回 神楽坂「感染症にまつわる数理」勉強会
日時:令和元年7月26日(金)16:00--18:15
講演者:稲葉 寿 氏(東京大学 大学院数理科学研究科)

第7回 神楽坂「感染症にまつわる数理」勉強会
日時:令和元年5月10日(金)16:00--18:15
講演者:大森 亮介 氏(北海道大学 人獣共通感染症リサーチセンター バイオインフォマティクス部門)

第6回 神楽坂「感染症にまつわる数理」勉強会
日時:平成31年1月22日(火)16:00--18:15
講演者:大泉 嶺 氏(国立社会保障・人口問題研究所)

第5回 神楽坂「感染症にまつわる数理」勉強会
日時:平成30年12月21日(金)16:00--18:15
講演者:森田 善久 氏(龍谷大学理工学部)

第4回 神楽坂「感染症にまつわる数理」勉強会
日時:平成30年9月28日(水)15:00--17:15
講演者:中田 行彦 氏(島根大学総合理工学部)

第3回 神楽坂「感染症にまつわる数理」勉強会
日時:平成30年7月25日(水)15:00--17:15
講演者:斎藤 正也 氏(統計数理研究所)

第2回 神楽坂「感染症にまつわる数理」勉強会
日時:平成30年5月19日(土)15:00--17:15
講演者:梯 正之 氏(広島大学大学院医歯薬保健学研究科)

第1回 神楽坂「感染症にまつわる数理」勉強会
日時:平成30年2月28日(水)15:00--17:15
講演者:俣野 博 氏(明治大学先端数理科学インスティテュート)

連絡先:
江夏洋一 (yenatsu[at]rs.tus.ac.jp,[at]を@に変えてお使いください)

【その他の活動】
平成30年9月29日(土)に,神楽坂「応用数理にまつわる研究集会 2018」を開催しました.
講演プログラムはこちらからご覧いただけます.

世話人:
石渡恵美子(東京理科大学 理学部応用数学科)
牛島健夫(東京理科大学 理工学部数学科)
江夏洋一(東京理科大学 理学部応用数学科)
加藤圭一(東京理科大学 理学部数学科・「数理モデリングと数学解析研究部門」部門長)